« Final Cut Pro&Tigerのトラブル解決 | トップページ | iPod購入(型落ちColor Display) »

2005年8月14日 (日)

iPod shuffleって、やっぱ不便でしょ?

いろんなことを考える人がいるんだな、と思った記事 があった。
ま、その見解は見解として…。

その中で語られていた、

> iPodユーザにはすっかりおなじみとなった"Shuffleマーク"

これは無理があると思う。あのマークはあまり「なじみがあるもの」と思えないし、むしろiPod shuffleのパッケージデザインで印象に残るのは「緑の濃淡2色の色使い」って部分だと思う。
※iPod Shuffleと書いてしまう人が多いけど、製品名はオール小文字表記のshuffle。

iPodは最初のモデルから何回か買い替えて使ってるし、shuffleも買って使ってみたが、「1000曲の音楽を持ち歩く」という新しいコンセプトで登場したiPodとは別の、なんかちょっとビミョーというか中途半端な商品だと思った。(初代iPodの時点では1000曲というのはかつてない大きな曲数だったが、今の512MBとか1GBに入る数は単なる「容量制限」だと思う。)そこそこ売れているみたいだから、魅力がないとは言わないが、

> 大量の音楽ライブラリから曲順に関係なくランダムに再生する
> という音楽の聴き方は、新しい楽しみ方として定着した感があり

これもまたちょっと言い過ぎで、shuffle的なランダム再生が「携帯音楽プレーヤーのスタイルとして定着したかどうか?」と考えると多いに疑問だ。shuffleのリスニングスタイルについては、「新しい」とは思うものの、僕はあまり気持ちよく使えない。商品コンセプトの斬新さを認めないつもりはないけど、それを上回るレベルで不便さを感じた。「特定の聴きたい曲があるならプレイリストで!」ってことになるのかもしれないが、そういった面倒臭さというのはiPodのコンセプトとちょっとズレてるような気がしている。あくまで再生機能のオプションとしてならば、ランダムに曲が選ばれるのは面白いけど。

もしshuffleと同じようなサイズの中に、iPodと同じような「ディスプレイとホイール&ボタン」のインターフェースを良いデザイン込みで搭載したものが出ていれば、(多少高くても)そっちの方が売れていたと思う。「大量の音楽ライブラリから曲順に関係なくランダムに再生する」のが本当に魅力のある聞き方なんだとしたら、iPodでなくiTunesでシャッフルモードを使ってる人ってもっと多いと思うし。

元記事の人がそうってことではないけど、iPod shuffleを持ち上げてる人は、「Appleのやることを無条件に認める人たち」とかぶってきて、ちょっと違和感を感じる。

「これはこれでありかも」って程度の製品だと思うけどなぁ。

« Final Cut Pro&Tigerのトラブル解決 | トップページ | iPod購入(型落ちColor Display) »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPod shuffleって、やっぱ不便でしょ?:

« Final Cut Pro&Tigerのトラブル解決 | トップページ | iPod購入(型落ちColor Display) »

無料ブログはココログ